読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田中、農業はじめるってよ

山形県大江町で2018年に独立を目指しています。

まどかの衝撃

 桃は桃。一切れか二切れ食べれば十分だった。あの甘ったるさが堪えてあまり好きになれなかった。だが、まどかという品種を食べて一変した。雑味がなくてすっきりした甘さ。ほんのりした香り。もう一つ食べたくなるほどおいしい。大玉で日持ちもするので、生産者も消費者にもメリットがある。川中島、白鳳、黄金桃に比べればマイナーだが、このまどかは桃を栽培するならば主力になると思う。

 桃への関心が一気に高まったのは、このまどかを食べてから。お盆休みにおすそ分けしたのもまどか。家族や親せき等に贈答で送ったのもまどか。評判は上々で、「まどかこそ桃」という師匠の言葉が確信に変わった。まどかと川中島を食べ比べると、川中島の渋みがよくわかる。それに川中島は見た目が野暮ったい。こんなことを書いても、桃農家でなければまずわからない。出荷時期がずれるから、お客は食べ比べることはまずできないからだ。だが、川中島の人気は相変わらず高い。買うのはお客だし好みは人それぞれ違うから、ある程度合わせて作っていかないと売上を伸ばすことは難しい。

 桃を作ることになったら、このまどかのおいしさを広めて、1人でも多くのファンをつかみたい。