読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田中、農業はじめるってよ

山形県大江町で2018年に独立を目指しています。

枝豆(秘伝)収穫の手伝い

 今年4月に独立した先輩Sさんの枝豆(秘伝)収穫を朝5時から6時30分まで手伝った。1年上のAさんも来たので計3人で3うね(距離は不明だがかなり長い)の枝豆を根っこから刈った。Aさんが上部を専用の農機具で刈り取り、その後、大きなハサミで根っこから1本ずと刈っていく。最後に10数本を一組に束ねてマイカ線で結び、トラックの荷台に乗っける。作業自体は簡単そうに見えるがコツがある。

・根っこは10㎝以上に残す。これより短いと、専用機械で脱さや(選果)すると根っこに近い豆がはじかれてしまう。

・結ぶときはがっちり結ぶ。ほどけるだけでなくかさ高になるので、積載量が少なくなる。

 全体の作業の流れが見えないと個々の作業の注意点が見えない。明日もあるので、これをふまえてテンポよく作業をしたい。

 秘伝はだだちゃ豆の仲間で、この村山地域では高級品種として知られている。この時期に収穫なので真夏のビールがうまい季節に合わないのが難点だが、ブランドは確立されているので価格は安定している。数日前、はじめてこの豆を食べたが豆の味が凝縮されていて抜群においしかった。反収は果樹に比べると低いが、野菜はつなぎでなく一品目は必ず入れたいと考えている。販路や作業スケジュールを考えると枝豆は悪くない。それと、久しぶりに土に触れて作業をして労働のきつさは別にして性に合っていると感じた。

畝に並ぶ刈り取った枝豆。右は明日、収穫する予定。

これで3うね分。落下しないか不安。