読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田中、農業はじめるってよ

山形県大江町で2018年に独立を目指しています。

雪国の冬をどう過ごすか ~ホウレンソウと啓翁桜~

 大江町山形県内では雪が少ない地域だが、例年150cmは積もる。雪が降る期間、農家はどうやって過ごすか。これは大きな問題だと思う。除雪作業をする、スキーのインストラクターをする、作物を作る、剪定をしてのんびり過ごす、など農家によって様々だ。うちの師匠は、今ではのんびり剪定をして過ごしているが、18歳から48歳までは出稼ぎをしていて、東京はもちろん蔵王スキー場のホテルなどで働き、冬は自宅にいなかったという。

 じゃあ、自分はどうか。収入が途切れるのを防ぐこともあるが、作物は何か作っていたい。生来の怠け者だから体を動かさないとだらけるのと、冬にしかできない作物を作ってみたい気持ちが大きいから。

 今は無加温ハウスでホウレンソウ(3月初旬より順次出荷予定)と啓翁桜(2月下旬から3月初旬順次出荷予定)を栽培している。もちろん1人でなく、師匠とは別の受入農家を含めて数人で。啓翁桜は、もともと興味があった。野菜や果物でなく、勝手がわからない花木を扱ってみたかった。正月に咲く桜(春先まで咲かすことはできる)というのがとても興味を引いた。

 がつがつ稼ぐのでなく、所得目標を決めて無理せずに自分のペースで栽培すれば、負担がかからず、ある程度の収入につながる。除雪作業やハウス栽培など、勉強になることが多くためになっている。

 

啓翁桜の温度調整室。水に浸けて3週間前後で蕾が大きくなり出荷する。

 

順調に育っているホウレンソウ。閉め切ったハウスのなかは温かい。